派手なお葬式よりも、シンプルで心のこもったお葬式をするなら…

  1. 葬儀レビ

    猫1

    複数の葬儀社を比較して選べます!

    急な葬儀に、どこの葬儀社を選んだらいいかわからなくなった時に・・・また、普段から葬式の費用の相場について詳しく知りたい時に・・このサイトでは複数の葬儀社から一括で見積をしてもらうことが可能です。
    この「葬儀レビ」に加盟している葬儀社は全国約400社!でも、多すぎて困る事のないように、それらの葬儀社の中から、ピッタリ条件に当てはまる10社が厳選されて無料見積りをしてもらえます。
    見積はメールでも電話でも受けられます!まずは簡単1分で済む見積もり依頼をしてみましょう!

    詳細はこちらから無料で見積もり

  2. 家族葬のグローバルケア

    家族葬の経験が豊富。的確なアドバイスがもらえます。

    家族葬のグローバルケアは、首都圏を中心に、良心的な価格で質の高いお葬式をプロデュースしてくれることで知られています。
    特に家族葬を得意としていて、経験豊富なスタッフが親身になって、不安やわからないことを詳しくアドバイスしてくれます。
    派手なお葬式は嫌だけど、あまりみすぼらしいのは…と思う方に特に好評です。

    詳細はこちらから無料で資料請求

  3. シンプルなお葬式

    シンプルなお葬式 格安葬儀

    一番人気のお葬式

    必要最小限に抑えたお葬式を行うため、費用が通常に比べてとても安くなっているのが特徴です。
    とはいっても、「みすぼらしい」ということは決してありません。
    最近ではあまり豪華なお葬式を望まない方も増えています。
    そうした方にとっては、シンプルなお葬式というのは、その方の気持ちも表している、生き方の総決算なのではないでしょうか。

    詳細はこちらから無料でお問い合わせ

  4. いい葬儀

    もしもの時に、すばやく対応してくれます!

    通常、病院でお亡くなりになった時には、病院が提携をしている葬儀社を強く勧めてきます。そして、多くの場合はそのまま言われた葬儀社にお願いしてしまいがち。でも、そうした病院と提携している葬儀社は、正直値段の割にあまりレベルが高いとは言えません・・「いい葬儀」さんは、万が一の時にすぐさま病院に駆けつけ、面倒な手続きを全て行ってくれます。そして価格も良心的、葬儀も病院提携葬儀社よりずっと素晴らしいものを行ってくれます。
    もしもの時に病院のいいなりにならないためにも、スピード重視の「いい葬儀」
    をチェックしてみてはいかがでしょうか。

    詳細はこちらから無料でお問い合わせ

  5. 東京葬儀

    実際に利用された人の評価がとても高いです

    東京葬儀さんは、「東京」と名前がついていますが、首都圏を中心としたネットワークを持っている葬儀社。斎場とのつながりも強いのが特徴です。
    特に、実際に葬儀を行った方の評価が高く、葬儀の口コミサイトではダントツの評価を受けています。
    もしも葬儀の内容が不満であれば全額返金にも応じるぐらい、葬儀の内容には自信を持っています。
    価格についても明確に表示されているので、まずはサイトをチェックしてどのような葬儀にしたいか、相談してみてはいかがでしょうか。

    詳細はこちらからまずはお電話!


  6. お葬式は、その方の人生の総決算

    このサイトをご覧いただき、ありがとうございます。
    このサイトをご覧頂いているということは、お葬式について事前に情報を集められているのだと思います。
    それは、とても素晴らしいことだと思います。

    どうしても「お葬式」というと、それを考えること自体が不謹慎、まるで亡くなるのを待っているみたいじゃないか!というイメージがあります。

    ですが、そうして、問題を先送りにしていると、いざ万が一の時に、何もかも人任せになってしまい、思うようなお式ができなかったり、法外な費用を請求されたりしてしまうのです。

    お葬式というのは、その方がどのように生きたのか、その生き様の総決算。それをみっともない形で終わらせてしまうのは、その方に対しても申し訳ないことです。
    そうならないためにも、無駄に豪華な式をあげるのではなく、小さいけれど心にいつまでも残る、いいお式にしてあげることを考えてみてはいかがでしょうか?

    このサイトでは、そうしたシンプルで無駄のないお葬式を行うための情報をたくさんご紹介しています。
    もしもの時にあわてないためにも、今から準備をしておくことは、決して悪いことではありません。
    このサイトがお役に立つことを願っています。

    新しい形のお葬式を行う人が増えています

    かつては、お葬式は豪華な方がいい、というのが当たり前の認識でした。
    そして、お葬式の式次第は喪主のあずかり知らないところでどんどん勝手に決まっていくものでした。
    今でも、多くのお葬式はそうやって、故人の遺志も、残された人の気持も、ほとんど考えずにとり行われています。
    でも、それでいいのでしょうか?

    最近では、そうした「お仕着せの」お葬式ではなく、故人の遺志を尊重した、そして残された人が心から納得できるお葬式をしよう、という人が増えてきています。
    また、葬儀社の方でも、あまりにも高い葬式費用ではなく、リーズナブルに、華美なムダは省いて、シンプルにお葬式を行うプランを用意してくれるようになりました。
    ですから、以下にあげるような、新しい形のお葬式を行うのであれば、まずは葬儀社に問い合わせてみましょう。
    きっとあなたの納得できるプランを紹介してくれると思います。

    お葬式にも様々な種類があります

    このように、これまでのお葬式とは異なる、新しい形のお葬式を行う人が増えてきています。
    そうした新しいお葬式には、以下の様なプランがあります。

    • 火葬式:通夜・告別式を行わず、火葬のみを行う式です
    • 一日葬:通夜を行わず、告別式のみを行う式です
    • 家族葬:通夜・告別式は行いますが、出席者が家族を中心に数人だけで行う式です

    その他にも、通常は葬儀社が用意する食事や返礼品を省いて、それは自分たちで決めるというプランもあります。

    いかがですか?このような新しい形式のお葬式。
    これまでの費用のかかるお葬式がいいと思われるのであれば、どこの葬儀社でも大きな違いはありません。
    でも、新しい形式のお葬式を行う業者はまだ少数派です。
    こうした式を行いたいのであれば、そうした式に長けている葬儀社を見つけることが重要になってきます。

    まずはネットで資料請求をしてみましょう

    今は何でもインターネットで行う時代。
    特に、スマートフォンの急激な普及により、買い物から銀行取引まで、スマートフォン一台で済ませることが出来るようになっています。
    ですが、ことお葬式に関しては、まだまだネットに対応していない会社が少なくありません。
    まだまだ古い体質が残っているのですね。

    でも、新しい形式のお葬式を行う、気概のある葬儀社は、いち早くネットに対応しています。
    こちらのサイトでご紹介している葬儀社は、まずネットで資料請求をして、事前にじっくりとプランを決めることができるので、いざということが起きる前に準備を進めることができます。

    最初にも書いたように、お葬式の準備を粛々と行うことは、決して悪いことではありません。
    縁起が悪いということでお葬式について先延ばしにしていると、イザという時に慌ててしまって、結局心残りな式になってしまうかもしれません。
    そうならないように、できれば本人と意思確認をしながら準備を進めていきましょう。

    まずは気軽に資料請求から始めてみてはいかがでしょうか。
    資料を取り寄せるだけだったら、それほど気が重いということもないでしょう。
    パソコンで、ないしはスマホで、まず資料請求の申込をしてみましょう。
    全てはそこから始まります。

    繰り返しになりますが、いいお葬式を考えているのであれば、事前の準備は必須です。
    無駄な費用をかけずに、こじんまりとした、でも素敵な式をあげられるように、とりあえず資料請求してみませんか?

    ~お金をかけないシンプルなお葬式~

    最近のお葬式の傾向として伝統的な葬儀ではなく、自分流の葬儀をとりおこなう人が増えてきました。
    葬儀方法も多様化しており、家族葬や葬儀そのものをおこなわないで火葬のみの簡素な直葬を選ぶ人もいるようです。
    自分流の葬儀を考えるときは、残された家族のためにもよく話し合って、思いを伝えておく必要があります。

    ■一般的なお葬式の費用の相場は?

    祭壇ひとつとっても10万円前後から100万円までと幅があり、お葬式にかかる費用はその規模により大きく違ってきます。
    お寺への費用として読経量が5~10万円、戒名料が15~50万円かかります。
    また、通夜のふる舞い料理が一人あたり2000~3000円。、葬儀当日の精進落とし料理が3000~5000円が目安です。
    火葬料が公営の場合は2万円まで、民営の場合は3~5万円、その他寝台車や霊柩車、マイクロバスの使用料金も必要です。

    *葬儀会社によっては基本料金は安く設定しておき、オプションという形で次々と追加させ、気がついたら大幅な予算オーバーになってしまうこともあるようです。
    セールストークに惑わされないようにしましょう。

    ■家族葬とは

    お葬式の流れは一般葬と同じで通夜、葬儀、火葬になります。
    家族葬を選ぶ人の多くは、近しい人だけで故人を見送りたいとか宗派にこだわらないお葬式をしたいなどの希望があるようです。
    最近では著名人も家族葬を選ぶ人が多いようですが、残された家族がとまどわないように生前に家族に意思表示を伝えておくことが大事です。

    お葬式にかかる費用は一般的なお葬式とあまり変わらず、祭壇の規模やお棺の質などによって費用が違ってきます。
    しかし、家族葬は一般的なお葬式と違って接待費などが削減できます。

    <意外と知らない葬祭費補助金のこと>
    住んでいるところの行政機関に「葬祭費補助金申請」を出すと、国民年金保険や社会保険に加入している者が死亡した場合、葬祭補助金が支給されます。
    支給額は各自治体によって異なるので問い合わせをしましょう。

    ■新しい葬式について

    お葬式の形は様々となり、自分の意志で葬儀を選ぶことができますが、生前に家族の理解を得て、遺言の形にして残しておくことが大切です。
    具体的な工夫としては、故人の好きだった曲を流したり、ビデオやスライドで生前の姿を映したり、好きだったワインなどで献杯してもらうなどの方法があります。

    <よりシンプルでお金をかけないお葬式について>

    ・一日葬
    通夜をおこなわず、一日で葬儀と火葬をおこなうプランです。
    家族葬よりさらに小規模で参列者は15人くらいまでで、費用は25万円くらいです。

    ・直葬(無葬儀)
    葬儀そのものをおこなわなわず、病院や自宅から直接火葬場にいくプランで、費用は10万円以下です。
    流れは、病院から死亡診断書を発行してもらい葬儀社に搬送を依頼しますが、伝染病でもない限り死亡後24時間は火葬することができないので、自宅または葬儀社か火葬場で安置し、その後火葬します。

    どのスタイルのお葬式を望みますか?

    お葬式については人それぞれの考え方があるので、どのような形が良いとか悪いとかはいえませんが、最低の価格で見送る直葬なら10万円以下で、故人の友人や知人などにも連絡して一般的なお葬式をするなら、数百万円単位の費用が必要となります。
    残された者は判断に迷うため、先立つ人はあらかじめ書いたものを残すなど意思表示をしておくことも必要です。
    とは言え、寿命は年齢とは関係ありません。

    死は突然、誰の身にもやってきます。
    考えたくないことですが、死を冷静に見つめることも大切なことです。