お葬式でも相見積もりを取ろう

お葬式をいいものにし、またお金をムダにしないためには、もしものことがある前に、どのようなお葬式をするのか、イメージを明確にしておく必要があります。
「なにが必要」で「なにが不要」なのか。
その方の、それまでの生き方を反映したお式にするためには、どんな形にすればいいのか。
どんなお葬式にすればその方が喜ぶか。
そういったことをできるだけ具体的に考えておくことが、いいお葬式をつつがなくとり行うことにつながるのです。

そして、葬儀を依頼する葬儀社についても、事前に資料を取り寄せ、相見積もりをしておくべきです。
その時に気をつけるのは、決して「葬儀社の主導による葬式のイメージ」に振り回されないこと。
葬儀社は当然商売ですから、できるだけ豪華な、派手なお葬式をするようにあなたを誘導しようとします。
「これもあったほうがいいですよ!」とか、「これをしないと見栄えが悪くなりますよ!」などなど。
もしあなたがお葬式について具体的なイメージを持っていないと、こうした言葉につい乗ってしまい、最初の考えとは遠くかけ離れたお葬式になってしまう可能性が高いです。

また、相見積もりを取る時に気をつけるのは、基本料金と追加料金に注意する、ということです。
どこまでが基本料金で、どこからが追加料金なのかは、葬儀社によって大きく異なります。
特に、基本料金が格安のところは、ほとんどの部分が追加料金になっていて、結局安いどころか高く付いた・・・ということがありがちです。
ですから、相見積もりを取る際には、自分のイメージするお葬式を行う際に、基本料金と追加料金を合計していくらになるのか、条件を等しくしておく必要があります。そして、同一条件の料金でいちばん安いところを選ぶ、というのがおすすめです。

くれぐれも「基本料金の安さ」だけにとらわれないことが大切です。

おすすめ格安葬儀社ランキング
葬儀レビ
全国葬儀社検索対応!【葬儀レビ】資料請求プログラム
シンプルなお葬式
シンプルなお葬式 格安葬儀
小さなお葬式
小さなお葬式
家族葬のファミーユ