ここでは、大切な方が危篤に陥ってから、葬儀が終了するまでの流れを簡単に解説します。
いざとなると、なかなか落ち着いて対処できないもの。
このフローを参考に、一つ一つクリアしていきましょう。

【危篤になってから】
・近親者に連絡する
・当面の必要資金を準備する
【亡くなってから】
・施設・病院で死後の処置をする
・施設・病院の退院手続きをする
・医師から死亡診断書を受け取る
・葬儀社の選定のため、見積りを取る
・とりあえずの安置所を選定する
・搬送の手続きを取る
・遺体を安置し、枕飾りを準備する
【通夜・葬儀の準備】
・寺院などへ連絡し、日程を相談する
・喪主を決める
・通夜・葬儀告別式の日程を決める
・参列者の想定をし、規模を決める
・見積りを確認する
・葬儀社を決定する
・式場の選定と手配をする
・会葬礼状の用紙と文面を決める
・会葬御礼品と即日返しの品物を決める
・通夜振る舞いなど飲食を決める
・予算に合わせて祭壇の規模を決める
・棺・霊柩車・演出方法などを決める
・写真を葬儀社に渡し、遺影を作成する
・見積りの最終確認をする
・役所へ死亡届を出す
・関係者へ葬儀の連絡をする
・喪服・小物を用意する

この中で特に重要なのが葬儀社の決定です。
通夜・葬儀の準備はバタバタになってしまい、ゆっくりと葬儀社を選ぶ時間がない、というのはわかりますが、葬儀社の言いなりになって今うと、葬儀のあとで膨大な金額を請求される事にもなりません。
とりあえず遺体が安置所にあれば、しばらくは落ち着く時間も出来ます。葬儀社は必ず複数に連絡を取り、相見積もりを取ってから決めましょう。