こちらの記事にも書いたように、お布施というのは、「金額があってないようなもの」なのが、とても厄介なものになっています。
お寺の住職にいくら包めばいいのか聞いても、まず「お気持ちだけで結構ですから」と言われ、はぐらかされてしまうのが通常です。

もし近所の人や親族に、同じお寺とお付き合いがある方がいらっしゃれば、その方にお聞きするのも一つの手なのですが、なかなかそうした知り合いがいない場合も多いですよね。

実は、お布施の金額は、戒名と密接に関係しています。
葬儀に僧侶を呼んで読経をしてもらうだけならば、実はそれほどお金はかかりません。
ですが、故人の「あの世での名前」、戒名のランクが、お布施の金額によって異なってくるのです。

おおまかに言って、戒名のランクとお布施の関係はこのぐらいだと思っておけばいいでしょう。

お寺の地域 戒名の位 金額の目安
都市部 地方
東日本 なし(読経のみ) 20~30万円 10~20万円
信士・信女 30~50万円 20~40万円
居士・大姉 50~80万円 50~70万円
院号 100万円~ 80万円~
西日本 なし(読経のみ) 15~25万円 10~20万円
信士・信女 30~40万円 20~30万円
居士・大姉 50~70万円 30~60万円
院号 80万円~ 60万円~

ですから、お坊さんに戒名を付けてもらうのであれば平均40~50万円かかりますが、戒名が不要とかんがえるのであれば、約20万円程度まで抑えることができるのです。
できるだけ無駄を省きたい、安く済ませたいというのであれば、戒名なし、というのも1つの手段かもしれません。
ただし、一度戒名なしと決めれば、あとからつけることはできません。
後悔のないように決めてください。